スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マウントアンドブレードをやってみた

Mount&Blade Warbandの完全日本語版を購入したので、その紹介をばヾ(゚ω゚)ノ゛
すでに若干飽きてしまっているのは内緒…w



■こんなかんじ

このゲームは、カルラディアという世界で一人の冒険者として生きていく、中世騎士道アクションシミュレーションみたいなゲームです。
戦闘がアクション、マップ移動とか政略フェーズ?がシミュレーションってかんじw

王に仕えるもよし、独立国家を立ち上げるのもよし、賊として生きるもよしという自由仕様。
ただこの手のゲームは、めちゃくちゃハマるか、逆に自由すぎて何から手つけたらいいかわからん><ってなるかのどちらかだと思います。
オブリとかフォールアウト系をやってる方は、その辺は問題ないかとw

架空の世界ですが、中世が好きな方は特に楽しめるんじゃないでしょうか。
私的には戦闘がちょーオススメです。とにかくおもしろい><b

これにもMODがあって、Native(MODも何も入れてない素の状態のやつ)を拡張するMODやったり、まったく違う世界になるMODやったりと、MOD次第でどんな遊び方も出来ます。
どこいってもMOD職人の方々には感謝感謝です(-人-)

私は未プレイなのですが、オンラインでマルチプレイも出来るみたいです。
みんなで戦争するのかな?



■キャラ作成

性別はもちろん、髪型や肌の色、選択していくだけですが主人公の生い立ちなども自分で決めれます。
顔のパーツはスライダーをいじって細かく設定できますよヾ(゚ω゚)ノ゛

でもNativeのままだと、女の子がいかにも洋ゲー!って顔なんですよ。
髪型もあんまり可愛いのないし…

ここで登場するのがMOD!

と言いたいところなのですが、マルチプレイ用の顔テクスチャを変えるMODはあっても、シングルプレイ用のそれがなかったりします(´・ω・`)

そこで、マルチ用のMODから顔テクスチャだけを移植してみました。





移植前のスクショは残ってないんですが、以前より断然可愛くなりました(*^ー゚)b ヤッタネ!


------ここからちょっと自分用メモ------

某掲示板に載ってた、KENGEKIの顔テクスチャと髪型だけを移植する方法。
※上書きしてまうからバックアップ必須!

①KENGEKIフォルダから

skins.txt
Resource/y_body.brf
Textures/manface_~ & womanface_~

をコピーして、Program Files/Mount&Blade Warband/Modules/Native/のそれぞれのフォルダにペーストする。

②Modules/Native/にあるmodule.iniのload_resourceの末尾に、load_mod_resource = y_bodyを付け足す。
※バージョンアップするとmodule.iniが書き換えられてしまうっぽいので、最新のバージョンにしたあとは②の作業をすること。

------------



■マップ上とか



ワールドマップでの操作はいたってシンプルで、行きたいところ、しゃべりたい相手をクリックするだけ。

マップ上には農民や賊、それぞれの国に仕えてる貴族たちが、それぞれの意思で動き回ってます。
賊なんかは、こっちの軍隊の人数が少ないと問答無用で襲い掛かってきやがります。


上のスクショでは、私の街が他国の貴族に襲撃されているところです。
追い払わねば( `・ω・´)





選んだ選択肢や自分の行動によってNPCとの友好度が上下します。

友好度が高いと何かと便宜を図ってもらえたり、反乱を起こすときに仲いい貴族たちと結託して王を追放したりも出来るみたいです。


私の領地に手を出したこと、後悔させてやるわ!



■戦闘



兵士を雇って自分の軍隊を作り、敵を蹴散らしていきます。
といっても、雇ってすぐは民兵なのでめっちゃ弱く、突撃させたらおもしろいくらいばたばた死んでしまいますが、経験を積ませれば重歩兵や騎兵などに成長します。
騎兵部隊の一斉突撃は頼もしい限りw

戦闘は基本野戦で、馬に乗って戦場を駆け回ります。
もちろん下馬して歩兵として戦うのもアリ。





攻撃が当たる場所や武器を振る速さによって与えられるダメージが変わります。
馬に乗っててスピードが出てるときにランスで突けば大ダメージを与えられるし、頭を斬ればほぼ即死。
逆に当たったところが刀身の柄側の方だと、あまりダメージは与えられなかったり。

すれ違い様に斬って一撃で倒せたときはとても気分いいです(*´ω`*)





戦闘では部隊に指示を出すことが出来て、そしてそれがとても重要になってきます。
放っておいたら、弓兵なのに敵陣に突っ込んで剣振って戦い出したりするのでw

陣形や地形を利用すれば、相手が5、6倍の数でも勝てます。
100前後で1000近い大軍隊を打ち破ったときは感激でした(人´∀`)


今回の敵は3倍ほどでしたが、壊滅させて街を救うことが出来ました。





戦う場所は、丘陵地帯やったり…





雪原やったりと、いろいろあります。

斜面上るのが苦手な騎馬は丘陵地帯では力を発揮できないけど、弓兵は高台に配置したら射程距離がのびるといったかんじで、兵種ごとに得意不得意な地形があるので、それらを考えて部隊に指示を出す軍略的な楽しみもあります。

地形を制する者が戦場を制する! …かもw





攻城戦もあります。

矢が雨アラレのように降ってきますw
櫓が設置されて城に乗り込むまでに、どれだけ体力を温存できるかが鍵( `・ω・´)b





矢の嵐をかいくぐって乗り込んだら、敵味方入り混じっての乱戦です。

何がなんやらわからん状態で刀振り回してたら、味方側で生き残ってるの自分だけ…ってこともしばしばw

終わる頃には返り血あびまくりで全身真っ赤w



■結婚







NPCと仲良くなると結婚も出来ちゃいます。

私の場合ですが、結婚しても親族が出来て味方が増えるとか、倉庫が使えるようになるっていうだけで、それほどメリットを感じられなかったです><
かといってデメリットも感じなかったけど。

家の金を勝手に引き出す! みたいなことが出来ればいいのにw





私の旦那様。

まだマシな顔かな?と思ってこの人にしたけど、改めて見るとちょーヘタレ顔のおっさん…w
しかも自分の城を持ってない貧乏貴族でした(つд⊂)エーン

別データでは大きい街と周辺の村持ってたイケイケ貴族やったのに…
最初にどこの土地を領有してるかは、毎回ランダムで決まるっぽい(´・ω・`)

そんな甲斐性なしの旦那は、ゲーム開始当初からずーっと同国の貴族の城に居候してますw

それがあまりにも不憫で、私が攻め落とした城を旦那にあげるように進言してるんですが、その申し出を旦那が勝手に断ってるんか、一向に旦那の物にならない!
王様とか諸侯とも仲良いから、私の意見は大抵通ってるはずやのに(;´Д`)
もう知らない・゚・(*ノノ)・゚・

ヘタレ亭主を祭り上げて独立国家建国を目論んでいるLeaなのでしたw



興味持たれた方は、一度公式のムービーみてみてくださいヾ(゚ω゚)ノ゛
※海外のサイトに飛びます。

うちの環境じゃ途中までしか見れなかったので、こちらも貼っておきます。
※Amazonのサイトに飛びます。




■おまけ



ギルドマスター



その髪型はないやろw




拝領した村、つまり私の領地に行ったときの村長の一言。





それは嫌味ですか?w


web拍手
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。