スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第11話 堕落と良心 前編



――何故、あの子がここにいるの。

逃げ出したのか、逃がされたのか。
どちらにしろ、このまま放っておくわけにはいかない。

外界と接触すれば様々なものを見て知り、脳は多大な刺激を受ける。
そんなことが続けば、何かの拍子で全てを思い出すのも時間の問題だ。







記憶を取り戻すことはあの子のためにならない。
そう思って殺そうとした。
でも、出来なかった。







――らしくないわね…

自嘲気味に笑み、ブランデーを呷る。

それに加えて、あのコウという男。
あまりにも”似すぎている”。
一体、彼は何者なのか。


「君がアシュラか?」







呼ばれて思考を巡らすのを中断する。
声のするほうをゆっくりと見やると、神妙な面持ちの男が傍らに立っていた。

「…どちら様かしら」

誰何しながらいつものようにふっと目を細めれば、たじろぐ男の頬がわずかに上気する。
男はすぐに咳払いをすると軽く胸を張って姿勢を正した。

「私はシェイディンハル衛兵副隊長のギャラスという者だ。
君が昼間に追い払った男のことで、少し話がしたい」

シェイディンハルの衛兵と聞いて一瞬身構える。
しかしギャラスと名乗った男の様子からして、仲間をこけにされた報復として捕まえに来たわけでもなさそうだ。

ちょうどそばを通りかかった店主にグラスをもう一つ持ってくるよう頼み、ギャラスに席を勧めた。


















平静を装っていたが、あのエルフは自分を見て一瞬だが動揺していた。
はじめてレアと出会った日のアニャヴィと同じように。
確実にあの二人は何か”知っている”。

――直接聞いたほうが早いか。

問うたところで簡単に話すとは思わないが。

ふと、布ずれの音と小さな唸り声が耳をかすめた。







「…コ、ウ…?」

うっすらと開いた瞼から縹色(はなだいろ)の瞳が覗く。
夢現としながらもコウの姿を捉えようと、ゆっくりとだが何度も目を瞬かせている。

「ゆっくりおやすみ」

やさしく微笑み、さらりと前髪を撫でる。
すると頷く代わりに一度瞬きをしたレアは再び眠りに落ちた。












「そんなことがバレれば反逆罪に問われるわよ?」

言って再びグラスを口に運ぶ。
横行している出来事を揶揄するアシュラの口調に、ギャラスはわずかに苦笑を浮かべた。

「それを明るみにならないようにするのが君の仕事じゃないのか?」

「仕事? 何のことかしら」

「伯爵様のあのご様子…明らかに君を恐れておられた。
たとえ明るみになったとしても、君は罪には問われないだろう」

違うか? と自分の答えが合っているかどうか表情を窺い込んでくるギャラスに、アシュラは曖昧に微笑む。

この男、なかなか鋭い。

目を伏せグラスを傾けようとするアシュラの前に、ギャラスはおもむろに取り出した革の袋を置いた。その拍子に袋からじゃらりと金属が擦れ合う音がこぼれる。
動きを止めたアシュラは、膨れた革の袋、次いでギャラスに目をやった。
じっとこちらを見つめるその真剣な眼差しに迷いはないようだ。

アシュラは静かにグラスを置き、しばらくして袋を手に取りそっと口紐を解いた。
鹿革で出来た袋の中には、前金にしては結構な額の金貨が入っている。
そこから数枚の金貨を取り出してテーブルに置くと、アシュラはゆっくりと席を立った。

「いいわ、やってあげる」

言いながら滑るようにしてギャラスに近づく。







「わかってるでしょうけど、これは二人だけの秘密よ?」

まるで睦言を交わすかのような囁きと甘美な香りに、ギャラスは全身が粟立つのを覚えた。

しばらく固まっていたギャラスが我に返ると、そこにはすでにアシュラの姿はなかった。
慌てて席を立ち、辺りを見回す。
出入り口付近に見つけたキャラメル色の髪は、どこか楽しそうに揺れていた。


web拍手

お久しぶりの更新ktkr!!
相変わらずと言うか、レアさんのキャラは横顔とかが美しくていいですねぇ。

私はキャラクリでよくある「正面からの見栄えを気にして横顔見たらびっくり」の類の人間なので羨ましい限りですww

続きを楽しみにしとります。

そう言えばスカイリムにはまだ手を出されてないのですか?
[ 2012/04/20 19:36 ] [ 編集 ]

>>鋼鉄蒸気さん

こんばんわ、コメントありがとうございます^^

やっとこさの更新ですよ~><ノ
前回の話から間開きすぎて自分でもどこまで進んでたっけ…と考え込む始末ですw
よろしければまた読んでやってください(*ノωノ)

横からでもまだ見れる顔を作るように一応心がけてたりしますw
あんな可愛らしい子たちが横顔ビックリなキャラだなんて(゚д゚)!
どんなのか気になる…w

スカイリムはXbox版のはやったんですけど、PC版にはまだ手出してません><
スカイリムのMOD紹介とかみてたらやりたいなぁとか思うんですが、PC買い替えないことにはもうどうにもこうにもいかない状態でして…
オブリ同様、メインストーリーはほったらかしてますw
[ 2012/04/21 21:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://leasroom.blog13.fc2.com/tb.php/92-0ea241e3








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。